進歩し続ける
アニメーション制作

動きこそが魅力

暇つぶしや時間つぶしのためにスマホゲームを始めたという人も、世の中には少なくないでしょう。
ですが、そのゲームが魅力的なものであれば、ユーザーは暇つぶしのためだけでなく、プライベートな時間の多くを割いてスマホゲームをしようと考えるようになるのではないでしょうか。
「暇だから」という理由から「楽しいから」という理由にシフトしてもらうことができれば、制作者冥利に尽きるというものです。
そのためには、魅力的なゲームであることが求められます。
では、ユーザーはどういったところに魅力を感じるものなのでしょうか。

「ストーリーが面白いから」という人もいれば、「キャラクターが魅力的だから」という人もいるでしょう。
このように、どこに魅力を感じるかは人それぞれで異なります。
ストーリーがどれだけ優れていようが、キャラクターがどれほど魅力的であろうが、その世界観の中でキャラクターが生き生きと動いていなければ、ユーザーは「つまらない」と思うのではないでしょうか。
ゲームの中にも「時間」という概念があることや、キャラクターがその世界で生きていることを実感させてくれるのは、アニメーション制作のスタッフが優秀であればこそ、なのです。

ですから、ユーザーがそのゲームを「魅力的だ」と思うかどうかは、アニメーション制作の技術にかかっていると言っても過言ではないでしょう。
裏を返せば、動きのいいスマホゲームほど、ユーザーは魅力を感じるということでもあります。

アニメーションは、スマホゲームの生命線であり、その出来によってダウンロード数が決まると言ってもいいでしょう。
ですから、単なる「暇つぶし」の材料から、ゲームとして多くの時間を割いて楽しんでもらうためには、アニメーション制作に力を入れることが大切なのだということを制作会社は意識しておくべきでしょう。
もっともコストのかかるアニメーションシーンをいかにして充実させるかが、ゲームとして成功するかどうかのカギなのです。