進歩し続ける
アニメーション制作

不足を補う技術

スマートフォンやタブレットの普及に伴って、スマホゲームの人気が高まってきたことから、制作現場では人手不足の状態が続いています。
特に、ゲームの良し悪しを決めると言っても過言ではないアニメーション制作部門では、深刻な状況が続いているようです。
ですから、人手が足りない分を補うためのソフトウェアが開発されることは、長い間、アニメーション制作部門の悲願でもありました。
誰もが簡単に操作することができ、短い時間で滑らかな動きのアニメーションを作ることができるソフトウェアができれば、掻き集めても足りない状態が続いている人手をカバーすることができるからです。
そしてその願いは、近年、「スパイン」というソフトウェアによって叶えられることとなったのです。

「スパイン」という2Dアニメーション用のソフトウェアは、ボーンという骨格データを入れることによって、人のような滑らかな動きを実現することができる画期的なソフトウェアです。
しかも、制作時間やファイル数を削減することができるだけでなく、コストまで削減することができる優れものでもあります。
ですから、現在では多くのゲーム制作代行会社がこの「スパイン」を導入していますし、活用してもいます。
ですが、「スパイン」を導入することによって個々の負担は軽減されましたが、まだ十分に人手が足りたとは言えないことから、現場ではアニメーション制作に携わってみたいと考えている人を募り続けています。

アニメーション制作の現場が求めていることから、これからも「スパイン」に続く新しい技術が開発され、環境はさらに良くなっていくでしょう。
ですから、アニメーション制作者を希望していて、アニメーターとしていますぐ活躍したいと考えているのであれば、そして、最新の技術に触れたいと考えているのであれば、いまがその道へと進むチャンスだと言うことができますし、ゲーム制作の現場をその第一歩として選ぶことをお勧めします。