進歩し続ける
アニメーション制作

誰もが楽しめること

家庭用ゲーム機がメインだった時代は、専用のソフトウェアを作ればよかったのですが、プラットフォームがスマートフォンやタブレットになってきたことによって、ゲーム制作会社は「誰もが同じように遊べるゲーム」の開発に力を入れるようになってきました。

以前は、プラットフォームやゲームエンジンに合わせた、それぞれのためのソフトウェアを開発、提供していたのですが、手軽に楽しんでもらうためにも、さまざまなプラットフォームやゲームエンジンに対応しているゲームアプリを作ろうという考えに変わってきたのです。
なぜなら、ソーシャルゲームの場合、ネット上でユーザー同士がパーティーを組んだり連携して戦ったりすることが前提なので、プラットフォームごとに専用のアプリを提供していたのでは、そうしたシステムが有効に機能しないからです。

そのためには、スマホゲームの要であるアニメーションを、さまざまなプラットフォームで使用できる仕様にしなければなりません。
ゲームを楽しむための場所が家庭から外へと移ったことや、基本無料のものが多いとはいえ課金をすることでよりゲームを楽しむことができるシステムを導入したことによって、ユーザーの年齢が上がり、通勤時間や休憩時間など、ちょっとした空き時間に楽しめるものが望まれるようになりました。

そうしたことから作り手であるゲーム会社だけでなく、アニメーション制作にあたる人たちも、それらを踏まえて制作するようになってきましたし、いまでは多くのスマホゲームが、さまざまなプラットフォームやゲームエンジンに対応しています。
「誰もが同じように楽しむことができる」と言葉にするのは簡単ですが、多くの作業と、多くの人の努力を必要とすることでもあるのです。

SNSなどを介して、仲間を募ったりアイテムを交換し合ったりして楽しむことができるのは、アニメーションにする段階でさまざまな努力が行われているからなのだということを、ぜひ知っておいてください。